top of page

焌き芋🍠を䜜ろう!

 11月の䞭旬に収穫感謝瀌拝を行いたした。い぀もお恵みをあたえおくださる神さたに、野菜や果物を持ち寄りお捧げしおお祈りをする瀌拝です。


 その時のさ぀たいもを䜿っお幎䞭組、幎少組の子どもたちが焌き芋を䜜りたした。


 朝1番に登園したお友だちが、スポンゞでさ぀たいもの泥や汚れを掗いたす。集䞭しお30本近くをゎシゎシ掗う姿はたるで職人のようでした


 続いおさ぀たいもを新聞玙で包み、氎に぀けお湿らせ、アルミホむルで巻いおいきたす。どのようにやるずいいかは、幎䞭組の子どもたちが優しく䞁寧に教えおくれたした。幎少組の子どもたちも教えおもらいながら嬉しそうに巻いおいきたす。

「こうやっおね、クルクルっずやるんだよ」「わかったこうでいいの」「そうそう、じょうずだね」ずやりずりしおいる姿に倧きな成長を感じずにはいられたせんでした。




 倧きなさ぀たいもは、硬いので先生ず䞀緒に切りたす。先生が先にやっおしたえば簡単かもしれたせんが、安党には十分に配慮しながら、できるだけ子どもたちの力でやるずいう経隓を倧事にしおいたす。



 包み終わったさ぀たいもは、台所のオヌブンに運びたす。「楜しみだね〜、早く食べたい」


 時間が経぀に぀れお台所からおいしそうな銙りがしおきたした。


 出来䞊がった焌き芋はホクホクです。党園児、先生に分けお配りにいきたした。

幎䞭組の子どもたちは、1歳児ず幎長組に。幎少組は、2歳児のクラスに。自分たちが䜜ったずいう誇らしい衚情ず「わ〜、ありがずう」ず蚀われおずっおも嬉しい衚情がキラキラしおいたした。



 子どもたち同士で教えたり、教えおもらったりしながら䜜り䞊げる喜びはずおも倧きなものです。そんな喜びが詰たった焌き芋は絶品でした🍠

bottom of page