幼稚園概要

保育時間・保育週数・諸費用

☆保育時間

月・火・木・金曜日……午前9時~午後2時
水曜日……午前9時~11時30分
休園日……土曜日、日曜日、祝祭日、創立記念日
(10月4日)、埼玉県民の日、夏・冬・春休みなど

☆保育週数

年間39週以上(幼稚園教育要領により規定されています)

☆諸費用

園納付金

 

全員一律に納付するもの。園則により規定されています。
金額は、「入園案内」→「入園後の納付金」をご覧ください。

環境充実費 保育料 施設維持費 絵本代・教材費

その他の費用

入園手続き時、またはその都度実費を集金いたします。
金額は一定ではありません

保育用品代 遠足等交通費 絵本代(希望購読) 特別行事費 学校健康会費など

保育時間・保育週数・諸費用

敷地面積

1,095m2 

運動場面積

435m2

園舎面積

574m2

主な施設設備(全室冷暖房完備)

保育室5 保護者室 図書室 舞台付ホール
舞台控え室 運動用具室 厨房
エレベーター 視聴覚音響設備
組み立て式プール ほか

認可定員

75名

設置者

学校法人聖公会北関東学園

名誉園長

野澤達也 2012年就任(1982年園長就任)、川越キリスト教会信徒

園長

山本由香里 2012年就任、川越キリスト教会信徒

教職員構成

園長1 チャプレン(指導牧師)1
副園長1 主観保育教諭1 指導保育教諭1

保育教諭9 補助保育教諭6 補助職員6

管理栄養士1 事務職員1
園医師2 園薬剤師1(2021年2月1日現在)

保育時間・保育週数・諸費用

1901年(明治34年)

創立、翌年埼玉県より認可を受けました。県内の私立幼稚園で最も長い伝統を持っています。創立者は田井正一師、当時川越キリスト教会の牧師でした。設立当初は宇気良(うけら)幼稚園、1911年に現在の初雁幼稚園と名称を変えました。
設立の母体は日本聖公会川越キリスト教会です。
創立後アメリカのミッションから派遣された宣教師、
ミス・アプタン、ミス・ランソン先生といったわが国の幼児教育史に残る方々が園長に就任されています。
第二次世界大戦の困難な状況でも保育が中断されることなく続けられました。

1982年

園長 野澤達也就任。

1987年

学校法人の認可を受け、聖公会北関東学園に属する幼稚園としてあらたな歩みを踏み出しました。

2001年

創立100周年記念事業を行い、園舎新築事業を具体化しました。

2002年4月

園舎新築に伴い、旧白鳩幼稚園舎を仮園舎として借用し保育を継続いたしました。同年12月園舎完成。

2003年1月

新園舎での保育を開始しました。

2003年5月

子育て支援事業として未就園親子の育児サークルを開設しました。

2012年

現園長 山本由香里就任。

2013年

あらたな子育て支援事業として園庭開放を始めました。園庭整備に着手、ノアの箱舟をイメージした木製遊具が完成しました。築山はお父さん方の手作りです。

2015年

年長保育室と年中保育室、絵本の部屋にエアコンを設置。全室冷暖房完備しました。

2016年

子育て支援室「フランシス館」がオープンしました。降園後や長期休み中の預かり保育を行ったり、妊娠中から1歳半までの乳児やその保護者の方に施設を開放する取り組みを始めました。

2018年

砂場木製ツリーハウスが完成しました。幼保連携型認定こども園の移行に備え、整備を開始しました。

2019年

幼保連携型認定こども園の認可を受け、新制度に移行した認定こども園となりました。新しく1歳児「つくし組」と2歳児「もも組」ができました。2018年度に解散しました保護者会より、滑り台の遊具をいただきました。子育て支援事業として、園庭開放と子育ての集いを始めました。

2020年

築山と畑を整備し、高温・紫外線対策として園庭に日よけタープを設置しました。

2021年

安全対策として、園庭の門扉すべてに綜合警備保障のカードキーを導入しました。

お電話でのお問い合わせはこちらまで
sitelogo-3.png
学校法人聖公会北関東学園認定こども園 初雁幼稚園

〒350-0057 埼玉県川越市大手町8−5

TEL  049-222-5385

© 2021 学校法人聖公会北関東学園 認定こども園 初雁幼稚園